在宅介護16年の闘い。

要介護4の父をリアル在宅介護してきた約16年を振り返る日常

【尋常性乾癬】の軟膏が高価過ぎて施設で使用不可に。

            f:id:ankinchang:20200112194932j:plain

皆さん、こんにちは。^^

「尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)と言う皮膚病をご存じですか?」

父は40代の頃から、この病気を患ってました。皮膚科を転々と変えていろいろ診てもらってましたが、

「尋常性乾癬は一生治りません。」

と、どこの皮膚科の先生にもあっさり言われてました。

症状は個人差はありますが、父の場合はほぼ全身に症状があり赤い湿疹ができて、その部分の皮膚の代謝が異常な速さで進み”かさぶた”状になってボロボロ剥がれ落ちます。

飲み薬と塗り薬を併用して使ってましたが、季節や体調によって良くなる事も悪くなる事もありました。

幸いこの病気は人に移らない皮膚病なので良かったです。もし伝染性の疾患なら、今の施設に入所できてなかったので。。

今日は日曜なので父の施設に行ったところ、看護師さんからお話があるとの事で

「今使ってる皮膚病の薬価が高過ぎて、うちの施設ではもう出せない。」

との事でした。老健では基本的に施設負担でお薬を出してくれるのですが、父の皮膚病の薬は特殊らしく施設では同じ物が出せないと言われてました。とりあえず、入所時にうちにある分全部を渡しておいたんですが、それが切れたので同成分の軟膏を使うと連絡がありました。

しばらくして、その軟膏が身体に合わず症状がやや悪化傾向になってしまってると相談がありました。なのでうちから、今までお世話になっていた皮膚科に行きいつもの軟膏を貰ってきました。お薬の請求は全部老健に行きます、しかも施設が薬を買う時は保健が効かないので10割負担ですと言われました。父の軟膏はチューブ1つで¥6000超らしく、先日5本もらってきたので、それだけで¥30000超になってしまいました。。うちが薬を貰うときは皮膚科と薬局で他の薬を合わせても保険で¥1500ぐらいでした。軟膏の使用ペースからして、これから長期入所となると施設では負担が厳しいと言われました。代替の軟膏ですらやっぱり高額なので、その代替軟膏をワセリンで薄めて塗って様子を見るという事でお願いしてきました。ワセリンだけの日もありますって言ってました。

「正直どーする事もできません。」

このまま入所も継続させてもらいたいし、皮膚疾患の治療が目的で施設に入ってるわけではないし。諦めるとこは諦めるしかないか。

「お風呂の際に念入りに身体を洗ったり、服もお風呂以外の日でも交換してできるだけ清潔に保つように努力させて頂きますと。」

と言って頂いてるので、それ以上の事はお願いできないかな。

治る事はないけれど、疾患がひどくならない事を祈るだけです・・。

【まとめ】

施設等に入所される場合で、使っている薬が特殊だったり高価な薬な場合は入所後に継続使用が出来ないかもしれませんね。

予め調べておいた方が良さそうです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

©2019 在宅介護16年の戦い。All Rights Reserved.  プライバシーポリシー/お問い合わせ