在宅介護16年の闘い。

在宅介護16年の闘い。

要介護4の父をリアル在宅介護してきた約16年を振り返る日常

【親孝行したい時に親はなし。】

             f:id:ankinchang:20200114153936j:plain

「親孝行したいときには親はなし。」

なんとなく、一度ぐらいは聞いた事ありますよね?

”親が元気なうちは、親の苦労や有り難味になかなか気付きにくく、それに気付く頃には親はもうこの世から居なくなってしまってる。親が生きて元気なうちに孝行をしておけば良かった、と悔やむ事です。 ”

このブログのタイトルにあるように、自分は約16年間在宅で父を介護してきました。

凄いやろ?親孝行やろ?なんて事は思った事は一度もありません。

  • 正直な気持ち、出来る事なら自分だって親の介護はしたくなかった。

  • 誰か他にやってくれるなら、その方が良いと思ってた。

  • でも姉も、父の姉弟も、親戚も誰も何もしてくれなかった。

  • だから母と2人で父の介護を続けるしかなかった、ただそれだけです。

16年て赤ちゃんが高校生になるぐらいの年月ですよね?

もっともっと長く在宅介護されてて大変な方も居られると思いますが、気付けば自分達には長過ぎる年月でした。

介護の始まった最初の数年間は毎日が壮絶な地獄でした。

それがだんだんと、ただの地獄になっていったのは、

【介護への慣れ、感情の麻痺、人生の諦め。】です。

父に早く亡くなって欲しい、父の事を・・してしまいたい。そんな事考えたのは、この16年間で何十回思った事か解りません。とにかく介護から解放されたい、心も身体も開放されたかった。ただ静かに暮らしたかった。

親を捨てて家を出る事もできたと思います、でもそれは出来ませんでした。

ようするに逃げる根性なかったんですね。

当時から父の介護の事は周りの友人達にも、なんとなくぐらいしか伝えてませんでした。話たところで解ってもらえないやろうし、その介護の説明をするのがしんどかったので。

昨年、ようやく施設に入り長く辛かった介護もひと段落しました。

たしかに日々の生活は劇的に楽になりました。精神的、肉体的、経済的に。

でも、まだ介護は続いてるんですね、

 ”施設に入所したらハイそれで終わり”じゃないので。

年に数回、父の顔を見にくる親戚の叔父さんがいました。

父が入所してすぐに来たので入所した事を説明したら、あからさまに怪訝な顔をして、

「え、施設に入れたん!?」

と言われて、何も言えませんでした。まるで父を無理やり施設にほりこんだみたいな言い方で。年に数回、コーヒー飲みながら30分ほど父の顔を見るだけと、1年365日父の世話を一から十まで面倒見る事の違い解らへんのですね。

施設の場所と部屋番号を教えて欲しいと言われて渡してますが、この半年は1度も記帳に名前がありません。そんなもんです。

「災害、病気、介護、このどれもが”実際に経験”せな解りません。」 

自分は人の親になった事ないので、人の親になる大変さや苦労は解りません。

でも子供として親に出来る事はやっておこうと、ようやく思える年齢になりました。

えらい時間がかかりましたが、

 

これからが親孝行の始まりやと思います。 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ