在宅介護16年の闘い。

在宅介護16年の闘い。

要介護4の父をリアル在宅介護してきた約16年を振り返る日常

【前編】人生最大のピンチを助けてくれた2人の恩人。

                                        f:id:ankinchang:20200113190906p:plain

皆さん、こんにちは。^^

【今まで人生で最大のピンチ、それはやっぱり病気で入院した時です。】

病気の事は以前に書きましたが、入院してる間2人の友人KとYが助けてくれました。

Yとは高校からの、Kとは20代前半からの付き合いでいつも一緒でした。

後にも先にも親友と呼べるのは、この2人だけです。

入院時、父の在宅介護はすでに始まっていたので、家の事と店の事・父の事は母にまかせるしかなかったです。入院中の自分の事はこの2人のKとYが面倒を見てくれました。

 

~K編~

「今日から入院になってしもてん、悪いけど着替えだけ取りに行ってくれへん?」

とKに頼んだところ、夕方には数日分の着替え、タオル、ティッシュ、歯磨きセット、お風呂セット、タオルなどなど必要やなと思いつくもの全部を持ってきてくれました。ほんまに感謝しかなかったです。

aki「要るもの解ったん??」

K「あたりまやんけ、俺何年入院してたと思てんねん。」

そうやった・・。まだKと知り合うずっと前、中学ぐらいの頃に小児白血病で余命宣告までされてたと聞いてました。知り合った時はすっかり元気で、かなりやんちゃな事ばっかりしてたので病気の面影など全く無かったです。長い間の治療と入院生活で打つ手も無くなり自宅療養で経過を見ながら残りの時間を過ごすという事になったそうです。それからしばらくして、検査を受けたところわずかに白血球の数値が良くなったらしく、それから時間が経つに連れて徐々に回復していったみたいです。※病気の事はあまり詳しくなくてすみません。結論を言うと完治したんです。医者も解らない、化学的に説明もできない、誰もわからない、でも現実は好転していってると。これ作り話でなくホントなんですね。

その後、Kは20代前半でボクシングを始めプロボクサーにまでなりました、自分のボクシングジムも経営するまでに。併せてKの兄とYがやっている飲食店を手伝いったりしながら10年程前に独立し、ゼロから”台湾まぜそば店”を始めて今では大阪に何店舗もある会社の社長になりました。Kの人生だけで本書けそうな勢いです・・。

Kはいつも言ってました、

「俺は1回死んでるから、何の失敗も怖くない。」

「まずやってみな。アカンかったら、またゼロからやったらええねん。」

説得力ありすぎですね。

「お前のギランバレーは治るんやろ?俺の病気治らへんやつやってんから。」

「先の不安な事ばっかり言うてんと、今日のリハビリちゃんろしろや。」

入院中にいっつも怒られてました。

すっかり成功してしまったKに、今の状況の自分が何かしてあげれる事は無いかもしれないけど、Kが困ったらいつか恩返しできるようにといつも思ってます。 

  

ブログランキング・にほんブログ村へ